« ほんとに久々の東京訪問です。 | トップページ | 女流作曲家 中島はるさんがお亡くなりになって・・・ »

2013年5月19日 (日)

大学時代の悪友からの・・・

昨日の夜のことですが・・・
前日の福山でのレッスンを終えて名古屋の自宅に戻りワンちゃんの世話やら食事の準備やらでバタバタしてる時に電話が・・・・。。。。

”もしもし・・オリタニヨシハルを言うもんですが突然の電話でびっくりされると思いますが大学時代のゼミサークルの仲間だった者です。解りますか・・・?””

私は高校や大学時代の同窓会なども過去に出て苦い経験もあって過去の人との関わりにあまり積極的でなかったためちょっと身構えてしまいましたが、あのひょうきんな「折谷君」からの電話と解って懐かしいやら嬉しいやら・・・・

それも「お琴関わりでの繋がりから私の連絡先を知り彼はすぐさま連絡をくれたのです。彼は大学卒業後日本銀行に入行、その後明治大学で後進の指導に当たってるそうで現在の仕事上の繋がりで私の大学時代からの親友でもあった故石垣征山さんのお姉様のご主人と繋がっていたことが解ったそうです。

話の会話の中でひょんな事から趣味の話になり尺八が趣味のそのご主人からその奥さん(征山さんの姉)→石垣清美さん(征山さんの奥さん)→沢井箏曲院→八島興作

清美さんとは征山さんがまだ沢井忠夫先生のところに合奏勉強に来てる頃(40年ほど前)からの知り合いで二人がこっそり彼女のアパートでデートを重ねてた頃からのおつきあいなんですから。。。当時彼女の中目黒のアパートは私のアパートから歩いて5分くらいのところでしたから征山さんは」私のアパートに遊びに行くと周りに言いながら実は清美さんのアパートに行ってたんですから・・・(笑い)

折谷君は魚津高校出身で征山さんも同じ魚津の出身、何かの縁なんでしょうかね。私と折谷君とは学部のゼミサークル(たしかケインズ研究会)での仲間。当時私はそちらの活動よりも琴尺八部の方に専念してましたから大学卒業後も数年くらいの年賀交換が最後でその後はお互いに音信不通でした。

それが・・・

世の中広いようで狭いもんですね。何がどういう風に繋がってまた再び我々を繋げてくれたかは解りませんが不思議な気がします。

今彼は東京に住んでて明治大学の教授をしながら富山銀行の仕事もされてるそうで毎月富山に出かけてるとのこと。早速来月の6月に会うスケジュール調整をすることになりました。

懐かしい・・・

Oritani1

« ほんとに久々の東京訪問です。 | トップページ | 女流作曲家 中島はるさんがお亡くなりになって・・・ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1196958/51689940

この記事へのトラックバック一覧です: 大学時代の悪友からの・・・:

« ほんとに久々の東京訪問です。 | トップページ | 女流作曲家 中島はるさんがお亡くなりになって・・・ »

八島興作の世界

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ